時間をかけてファイナンシャルプランナーに保険相談しよう

保険の歴史

日本では明治維新になってから、西洋諸国の保険制度の導入が開始されました。明治14年には、日本では初めてとなる生命保険の相互会社が誕生しました。当時の日本人は保険制度について詳しいことは知らなかったため、保険相談を受けて保険制度を理解するようになりました。明治時代には、今でも営業を続けている大手の生命保険の相互会社が数多く誕生しました。しかし実際に保険に加入する人は、資産家などの一部の富裕層に限られていました。資産家などは保険相談を受けて、生命保険に加入していました。一般庶民が保険に加入するようになったのは、昭和40年代頃からです。日本は高度経済成長によって裕福になったことが、保険加入者が増えた大きな理由です。

日本では1980年代頃から金融自由化が加速化し、現在では様々な保険商品が誕生しています。現在販売されている保険商品は、数百種類を超えています。今後も私たちの暮らしを金銭面でサポートする保険商品は、ますます増えると予測されます。あまりにも保険商品の数が増えたことにより、保険に加入する時には、いったいどの保険を選んだら良いのかわからない人が増えています。そのような人は、保険相談を受け、専門家からのアドバイスに従って、加入する保険を決めるようになっています。既に保険に加入している人も、今支払っている保険料が割高になっているケースが増えています。そのような人も保険相談を受け、保険料が安い保険に乗り換えています。今後も保険相談を受ける人は増えることが予測されます。